朽ちゆく…(北海道にて)

2019 5

新しい家には、夢と笑い声が似合うと思う。

朽ちゆく家には、汗と涙を感じる。

蝦夷の地に渡り、厳しい気候の中でどれほどの苦労をしたのだろう。

そして、報われたのだろうか……

 

ここは湖畔にあり、冬は湖の氷が40センチの厚さになるという。

私たちの祖先は~Nin忍~の中にどれほどの幸せを感じたのだろうか……

時代が移り変わっても~Nin忍~は求められる。

今の方がより複雑になっていると感じる。

~Nin忍~