【接客研修スペシャリストが語るオンライン研修】パフォーミングセールスについて③

2020 5
◆オンライン研修 パフォーミングセールス3.On and On(オン&オン)

誰かと会話をしているときに、“間”ができることはこわいですか?
研修講師もビギナー時代は、“間”や反応がないのはこわい、と思っていました。前に立って話す経験のある方は共感してもらえる状況ではないでしょうか。

現在は(性格も影響しているとは思いますが)、研修では“あえての間”を作ることがあります。“間”は必要です。これは断言できますが、意図的な間なのか、気まずい間なのかでは異なります。
この気まずい間は、接客シーンでしばしば起きます。商品知識を一通り説明してしまった後、何も言うことがない。更に、間ができてしまった後の一言が出てこない…。そんなときに”間ができても大丈夫!“とは言いません。
会話をつなげるためにはシンプルに、接続詞を上手に使えば良いのです。更に会話の方向性を工夫できる接続詞を選ぶことができれば、リラックスして接客会話ができますね。
パフォーミングセールス「オン&オン」では、つなぎ言葉のカードを用いて、8人全員で会話を繋いでいきます。
毎回同じ題材のはずですが、集まった方々によって内容が異なり、講師側も毎回楽しませてもらっています。

■オンライン研修 パフォーミングセールス「3.On and On」
公開講座
5月27日(水)10:00~11:00
https://anick-ps3.peatix.com/